軽自動車の車検の特徴

あらためていうまでもなく、軽自動車についても普通車と同じ車検があります。車検につきましては、普通車とほとんど同一であり、2年に対して1回、新車のみ3年、受けなければいけません。必要となる関係書類なども、ほとんど同一です。普通車の車検と違う点については、車検を行なってもらう場所と検査ラインのプロセスです。普通車は、陸運局で車検を受けます。それに対して軽自動車につきましては、軽自動車検査協会といった所で車検をします。場所は隣ではなく、住所が全く違うケースが多く、車検においては、前もって予約を取ることが不可欠です。車検のコストを安い費用で終わらせる方法についてですが、ユーザー車検であっても、欠かすことができない国の法律で確定されている法定費用が必要です。そして、自賠責の地域毎の差などがあります。

軽自動車の車検の主な費用

軽自動車の車検にかかる費用については、法定費用と車検基本料そして修理料金によって確定されます。法定費用は自動車重量税、そして自賠責保険料さらに印紙代の合計金額になります。それから車検基本料は、車検場所に応じ異なることになります。現実的にはディーラー車検は高く、車検専業店や整備工場はリーズナブルです。ガソリンスタンドにおいても車検を展開している所があります。最も安くて済むのはユーザー車検ですが自分自身で隅から隅までを行わなければいけないといえます。車検基本料はほとんどの場合2万円程度です。法定費用との合計では5万円くらいになります。別の種類の車と照らし合わせると車検費用はリーズナブルです。それから知っておいて欲しいのが修理料金です。新車なら必要としないかもしれませんが、長い期間乗車していると入れ替えなければならないパーツが増えます。消耗品のバッテリーなど数多くの物の交換が必要になります。

軽自動車の車検にかかる金額

最近軽自動車に乗り始めたという人が多くいると聞きますが、まだ車検を迎えたことがない人からすれば車検にかかる金額が気になるはずです。そこで、軽自動車の車検に必要な金額を教えます。まず自分の乗っている軽自動車に何も故障や交換の必要がないのであれば五万円から八万円ほどの金額が必要です。しかし、部品の交換が必要な場合は金額が上がることが多いです。交換する部品にもよりますが、高い場合で二十万円近くの金額になってしまう場合もあります。しかし二十万円も金額が必要になる場合はエンジンを交換したり細かい部品をたくさん交換しなければそれほどの金額が必要になることはないと考えていても良いです。軽の部品自体が市場にたくさん出回っているので、基本的には乗用車の部品よりも安い金額で交換することができる為それほど高額な金額になることはないです。