軽自動車の車検の費用

軽自動車の車検では、法定費用と基本料金があります。法定費用は、自賠責保険と重量税と印紙代などがあります。軽自動車の場合自賠責保険が26370円で、重量税が6600円、印紙代が1100円の合計34070円になります。この費用はどこの整備工場やディーラーに行っても同じです。そして、基本料金や交換する部品などによって料金は異なりますが、法定費用にプラスして合計6万円から10万円程になります。そして、料金を抑える方法として、ユーザー車検というものがありますが、交換しなければならない部品などがある時には、その分が必要になります。最近はガソリンスタンドでも行っているところが多いです。そして、ディーラーに比べて料金が安いのが特徴です。そして、オイルなども安く交換でき、ガソリン割引もしているところがあります。

軽自動車を車検に通す。

軽自動車を新車で購入した場合、普通車と同様に登録初年度から3年後、以後2年1回で車検を通さなくてはなりません。近年の軽自動車は性能も良く、購入費、維持費ともお手頃で車初心者の方にはお勧めです。車検にかかる費用は基本料金と法定費用です。全国どこで車検を通しても値段は約35000円で変わらないです。後は業者に点検、修理をしてもらうか自分でやるかになります。ディーラーでやるのか、ガソリンスタンドでやるのか、大手車用品店でやるのかご自分で足を運んで担当する業者とよく話し合うことがお勧めです。車検は安全に走行する事、安心して走行する為に必ず必要です。なのでどうしても車検費用が高いと感じるの場合は軽自動車がお勧めです。しかし、どんなにメンテナンスをしても乗り方が乱暴であったりすれば車の寿命は短くなります。常日頃から安全運転を心がける事が車を長持ちさせる秘訣になります。

普通自動車も軽自動車も車検は大事です

車は新車で買えば買ってから3年後、それ以降は2年後に行います。自分の体で言うと、健康診断や生活習慣病健診に似ています。定期的に行うことで、不具合があるところが分かりそのまま修理することもできます。もちろん、車は機械ですから使い続けることによって劣化する部品もあるでしょうし、オイルなどもこまめに普段からにチェックしないとエンジンの焼き付きなどの原因にもなります。ただし、ユーザー車検になると話は変わってきます。ユーザー車検は持ち主自らが、陸運局に持っていき検査を受けます。検査の時に何も指摘が無ければ新たな車検証は公布されます。個人的には、車に対する知識がないのであれば整備工場やディーラーに持ち込み、点検と必要ならば修理を同時におこなうことをお勧めします。軽自動車も基本的には同じですが、毎年の自動車税が普通自動車に比べると格安で済むことを考えると、経済的かと考えます。